作成者別アーカイブ: 鈴木 晴山

学校茶道部の哀れな予算について

数年前の地元新聞での記事。大学生が茶道部に参加しての会話が主な内容でした。 大学に進学し高校から続けていた茶道部に入って一番うれしかったこと、といった内容でした。本人はいたって無邪気に「高校の茶道部では水でお点前をしてい … 続きを読む

カテゴリー: お稽古 | コメントは受け付けていません。

佐渡へ行ってきました。

佐渡へご招待を受けて行ってきました。会場に向かう途中 三百五十羽にまで増えたという野生の朱鷺の姿が見えないかとキョロキョロ。ついに四羽の朱鷺が頭上を飛んでくれました。 車中からだったので一瞬でしたが感激。また会いに行きた … 続きを読む

カテゴリー: お稽古 | コメントは受け付けていません。

関師壁書(片桐石州三叔宗関師 壁書)

よく知られている「関師壁書」を改めて読んでみました。 関師壁書 茶道に心懸け有る者、親(しん)疎(そ)貴(き)賎(せん)の差別、有るべからざる事 此道に志有もの自(じ)讃(さん)嫌(けん)他(た)致しべからざる事。 吾( … 続きを読む

カテゴリー: 石州研究会 | コメントは受け付けていません。

名古屋へ出張でした。

春の終わりを感じるような、暖かい日を迎えております。 先週末は、名古屋へ「灰の講習会」へうかがってきました。受講の方々も熱心に朝から夕方まで取り組んで頂きました。お疲れだったと思いますが、今シーズは是非灰形に取り組んでみ … 続きを読む

カテゴリー: お稽古 | コメントは受け付けていません。

花見より・・・・

今年は東京の開花、満開が早かったようですが、全国的には寒の戻りのせいか桜も長く楽しめるのでしょうか。 季節ごとの趣向は多々ありますが、桜の季節ほど楽しめるものはないかもしれません。 少庵の「夜桜棗」をはじめ元伯宗旦の「花 … 続きを読む

カテゴリー: お稽古 | コメントは受け付けていません。